国宝で挙げる、本格和婚式。

久能山東照宮での神前挙式は、国宝に指定された拝殿内で執り行われます。

格式高く、おごそかな雰囲気の中で交わす杯は

夫婦となるお二人とご家族の絆を結びます。

また、本殿までの参進の儀は多くの参拝客からも祝福を受けることから

一生忘れられない和やかな思い出となるでしょう。

人 前 式 次 第

末永い幸せを

久能山東照宮 宮司
    落合 偉洲

古来より日本人には、お宮参りや七五三、成人式など、人生の節目ごと神社に詣でる習慣が根付いています。
神社で挙式を挙げるということは、その後もずっとご家族の節目を見守る場所ができることでもあると私は考えています。お二人で、ご家族となっても、長きにわたって絆を育んでいけることこそ、神社挙式の最大の魅力です。